IVHS/RTI略語便覧(THE GLOSSARY ON IVHS/RTI)

IVHS/RTIの分野は、各国とも活発な活動を展開しています。米国では法律(ISTEA)と膨大な国家予算を背景にIVHS-AMERICAが母体となり活発な活動を推進し、また欧州ではDRIVE、PROMETHEUS、ERTICO等のプロジェクトを通し、調査、研究・開発から実用化までの推進が図られています。また、我が国でもCACSを基盤プロジェクトとして、SSVS、VICS、ARTS、ASV、UTMS等の各種プロジェクトが推進されているところです。勢い、それらプロジェクト等の発表論文や紹介文で使われる用語も活動量に比例してうなぎ上りに多くなり、さらにその使い方については、上記プロジェクト(システム)名に見られるように、強く印象付けたり、覚え易くする等の目的から略語が多く用いられ、今やその数は数百余語となってきています

略語もこのような数になると、そのフルネームを覚えることは至難の技であり、『略語とそのフルネーム』だけでもとりまとめる必要があると痛感していた折、当協会の「国際委員会」(委員長:慶応大学川嶋教授)の下に、「IVHS/RTI略語便覧作成WG」が設けられ、従来から収集されていた資料と皆様のご協力を基に、(社)日本機械工業連合会の委託事業の一環として、便覧の形に纏めることに致しました

本便覧の内容については、『略語とフルネーム』のほか、その略語の作られた国名や関連するプロジェクト(システム)名、またその用途(R&D、実用化等)についても記載しようと努めましたが、不明なものも多くありました。また、収録した語数は本編で701語、付録(ANNEX)で205語にのぼりました。今回の作業では情報の不完全な点が多々残りましたが、これらについては今後とも調査を続けるつもりです。お気づきの事項や記載の誤りなどについて、ご使用の皆様からのご教授・ご指摘を戴ければ幸いに思います

●本編
●付録(ANNEX)
  1.国際機関(int'1)
  2.EC
  3.ドイツ(DEU)
  4.イギリス(GBR)
  5.オランダ(NLD)
  6.スウェーデン(SWE)
  7.フランス(FRA)
  8.アメリカ(USA)
  9.カナダ(CAN)
  10.海外のその他(Miscellaneous)
  11.日本政府機関(Government & Public Corp. in Japan)
  12.日本・関連法人(Association etc. in Japan)