委託研究・・試験・設備利用のお問い合わせ
DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

水素・燃料電池自動車の安全評価試験設備(Hy-SEF)

水素・燃料電池自動車の安全評価試験設備(Hy-SEF)
(Hydrogen and Fuel Cell Vehicle Safety Evaluation Facility)

燃料電池自動車の安全性を評価する各種試験装置を備えています。 世界初の燃料電池自動車の火災に対する安全性を評価する設備も備わっています。

これらの設備により、燃料電池自動車の実用化・普及のための安全性評価法の国内外の標準・基準化に貢献して行きます。

防爆火災試験ドーム

防爆火災試験 ドーム
  • 屋内での高圧容器搭載車両の火災試験、高圧ガス容器の火炎暴露試験の実施
  • 容量260L、充填圧力70MPaの高圧水素容器が破裂した場合においても安全な構造
仕様
形状 内径18m、
天井高さ16mの円筒形
厚さ1.2m鉄筋コンクリート、
内壁鋼板製(厚さ6~12mm)
厚さ4m鉄筋コンクリート、
耐火レンガ
厚さ0.3m 幅2.4m
高さ2.4mの大型扉、
厚さ0.3m 幅0.75m
高さ1.9mの小型扉

強度試験室

燃料電池自動車に使用する部品の強度評価、水素ガスの特性・挙動を評価する試験を実施

コーンカロリーメータ

燃料電池部品や絶縁材料などの火災の危険度を予測する発熱速度を算出する装置

発火時の状況

発火時の状況

絶縁材料燃焼物有害ガス成分分析システム

種々材料の燃焼時に発生する有毒ガスを分析する装置

絶縁材料燃焼物有害ガス成分分析システム
水素拡散透過性試験用濃度検知装置

水素、ヘリウムガス濃度を測定する装置

容器内の水素濃度を測定

容器内の水素濃度を測定

水素挙動可視化装置

水素ガスの挙動を可視化する装置

短絡した時の状況
高圧電線過電流評価システム

高圧電線の短絡、あるいは過電流が流れた際の燃焼性を調べる装置

短絡した時の状況

短絡した時の状況

水素試験設備

水素試験設備水素を貯蔵する容器について、加圧水素ガスを用いて充填・放出サイクルを繰り返す試験、樹脂ライナー容器の水素ガス透過量を計測する試験の実施

  • 水素充填設備
    高圧水素容器の水素ガスによる急速充填試験、ガスサイクル試験等を実施する装置
  • ガス透過試験設備
    高圧水素容器の外部への水素透過量を調査する装置
    透過量はガスクロマトグラフにより計測
    環境温度の制御可能
  • 容器付属品高温・低温試験装置
    高圧水素容器に取り付ける電磁弁などの付属品の環境温度下における性能を評価する装置
  • ガス試験室(ピット)
    高圧水素容器のガスサイクル試験、ガス透過試験、急速充填試験などの高圧水素ガスを使用した試験を実施するためのピット

水試験設備

水試験設備水素を貯蔵する容器の破裂試験などを行う設備。ガス試験を実施する前に当設備で高圧容器の安全性を確認

  • 水加圧試験装置
    燃料電池自動車に搭載される高圧水素容器の圧力サイクル試験などの水圧を利用した試験を行う装置
  • 水試験室(ピット)
    高圧水素容器の圧力サイクル試験などの水圧を利用した試験を行うためのピット

委託研究・試験・設備のご案内

自動車およびその周辺分野を含めた様々なニーズにお応えし、委託試験・研究をお受けしております。官公庁・自動車業界・学会活動を通して長年培ってきた知識とノウハウを活かした成果をご提供いたします。どのようなことでもお気軽にご相談ください。

主なご依頼主

業界団体、自動車メーカー、官公庁、地方公共団体、電装・電池メーカー、材料メーカー、燃料・オイルメーカー、タイヤメーカー、電力会社、鉄道車両メーカー、センサーメーカー、保険会社、シートメーカー、灯火器メーカー、試験機関、大学、海外研究機関、広告会社、土木会社、商社・コンサルタント、警備会社、建機メーカー、輸入業者、ベンチャー

ご依頼の手続き

お問い合わせ先

企画・管理部 研究推進グループ
TEL:029-856-1120 FAX:029-856-1124

▲ページトップへ