DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

メルマガ

メルマガ最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 JARIメルマガ 2017年7月号
                      一般財団法人日本自動車研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JARIメルマガでは、最新の研究成果をはじめ、学会発表、イベント、セミナー、
施設・設備などに関するホットな情報をお届けします。

===============================================
  トピックス  
===============================================

◆「JARI研究・事業報告会 2017」開催報告◆
「JARI研究・事業報告会」を7月3日(月)アキバプラザ(東京・秋葉原)に
おいて、開催致しました。
賛助会員の方は、資料をダウンロードしていただくことができます。
http://www.jari.or.jp/tabid/588/Default.aspx

◆高圧水素ガス環境下での金属材料の耐久性を評価する材料試験装置を導入◆
JARIは、日本初・世界でもトップレベルの評価スペックを有する高圧水素ガス
環境下での金属材料の耐久性を評価する材料試験装置を導入し、今後の水素社会
の安全性向上および低コスト化の検討に資する材料の特性を評価する事業を開始
します。本装置を活用した実証試験データは、日本から国連の世界統一技術基準
(GTR)を審議する場に提供し、日本発の試験法提案にすべく審議を加速させます。
※本事業は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
から水素利用技術研究開発事業の一環でJARIが受託したものです。
http://www.jari.or.jp/tabid/76/sysid/1179/previewmid/466/preview/on/Default.aspx

◆「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果が紹介されました◆
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のウェブサイト
の「実用化ドキュメント」のページに「ロボットと暮らす未来のために」(安全
安心な生活支援ロボットの開発を支える規格と認証体制を整備)として、2009~
2013年度に行ないました「生活支援ロボット実用化プロジェクト」が紹介されま
した。
http://www.jari.or.jp/tabid/76/sysid/1181/previewmid/466/preview/on/Default.aspx

◆「つくばちびっ子博士2017」開催のお知らせ◆
「つくばちびっ子博士」は、全国の小中学生を対象に専用のパスポートを持って、
つくば市内にある最先端技術や自然科学を学べる指定の研究機関等の展示やイベ
ントなどを見学・体験しながら回るスタンプラリーです。
開催期間終了後に、事務局(つくば市教育指導課)にパスポート提出すると、
見学して集めたスタンプ数に応じて、「つくばちびっ子博士」等に認定され、
後日、認定証と記念品が贈呈されます。

JARIでも下記の日程でイベントを開催いたします。

開催日:2017年8月8日(火)、9日(水)
場所:一般財団法人日本自動車研究所 つくば研究所
http://www.jari.or.jp/tabid/585/Default.aspx

===============================================
  JARI Research Journal (2017年7月号)
===============================================

◆研究速報◆
・有機ハイドライド由来不純物が燃料電池性能に及ぼす影響
http://www.jari.or.jp/tabid/259/pdid/6927/Default.aspx

・高度自動運転における権限委譲方法の基礎的検討(第2報)
 -運転以外の作業種類による比較-
http://www.jari.or.jp/tabid/259/pdid/6926/Default.aspx

・ISO 26262に基づくハザード分析およびリスクアセスメントの二輪車適用時に
 おける考察と実交通環境におけるエクスポージャ調査
http://www.jari.or.jp/tabid/259/pdid/6925/Default.aspx

・電解質膜の膨潤特性と湿度サイクル耐久性の相関
http://www.jari.or.jp/tabid/259/pdid/6923/Default.aspx

◆技術資料◆
・高速衝突まで対応した軽乗用車前面のエネルギ吸収特性
http://www.jari.or.jp/tabid/259/pdid/6922/Default.aspx

◆調査資料◆
・微小粒子状物質(PM2.5)中のn-アルカンに関する文献調査
http://www.jari.or.jp/tabid/259/pdid/6924/Default.aspx

◆研究活動紹介◆
・第4回自動車機能安全カンファレンス実施報告
 -自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術の最前線-
http://www.jari.or.jp/tabid/259/pdid/6928/Default.aspx

*=======*=======*=======*=======*=======*=======*
 <バックナンバー>
  http://www.jari.or.jp/tabid/516/Default.aspx
 <JARIトップページ>
  http://www.jari.or.jp/
 <賛助会員専用ページログイン>
  http://www.jari.or.jp/tabid/181/Default.aspx
  ID、パスワードをお忘れの方は、prd@jari.or.jpまでお問合せください。

┏┓──────────────────────────────────
┗■
 発行者:一般財団法人日本自動車研究所(JARI)
   http://www.jari.or.jp/
 お問い合わせ先:一般財団法人日本自動車研究所 国際渉外広報室
   TEL:03-5733-7921  E-mail:sogomado@jari.or.jp

┏┓──────────────────────────────────
┗■ 本メールマガジンの無断転載を禁じます。
 Copyright(c) Japan Automobile Research Institute, All Rights Reserved.

 

▲ページトップへ