DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20130706 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

OpenFOAMを用いた沿道大気質モデルの開発
Development of a Roadside Air Quality Model with OpenFOAM

木村 真,伊藤 晃佳
Shin KIMURA,Akiyoshi ITO

自動車排出ガスの環境影響は,道路沿道で大きく,建物など構造物が複雑な気流を形成するため,沿道大気中の自動車排出ガス濃度分布も複雑になる.したがって,近年,CFD (Computational Fluid Dynamics: 数値流体力学)を用い沿道の気流分布を詳細に予測し,局所的な自動車排出ガスの濃度分布を算出する手法が注目を集めている.2007年度から2011年度の5ヵ年で実施されたJapan Auto-Oil Program (JATOP)1)では,CFDを利用した沿道大気質モデル(以下,JATOPモデルと略記)を開発し,沿道大気質の環境評価を可能にした.
 CFDのソフトウェアの多くが市販ソフトウェアであるが,近年,無償のCFDソフトウェアが使用されつつある.これらの中には,商用CFDソフトウェアに匹敵する精度,機能を有しているものもあり,CFDコスト削減の観点から大きな期待を集めている.
 そこで,本研究は,無償CFDソフトウェアとしてOpenFOAM2)を用いてJATOP沿道大気質モデルに代替可能なモデル(以下,OpenFOAMベースモデルとする)を開発し,低コストで利用できる沿道大気質モデルの実現を目指す.本稿では,開発において,都市形状を簡易的に模擬した形状と実都市形状を用い,JATOPモデルとの比較をした結果をまとめる.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20130706 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2013/07

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy

分野詳細 / Detailed Field

環境・エネルギ
ID:1
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ