DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

論文/Paper安全/Safety

ペダル操作に関するロコモーティブシンドローム及び注意機能の影響分析
Analysis of the Effects of Locomotive Syndrome and Attentional Functions on Pedal Operation

細川 崇, 橋本 博 (JARI), 平松 真知子, 寸田 剛司, 石田 肇 (日本自動車工業会)

高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違い事故が社会問題化している.本研究は,高齢者の人間工学的特性と踏み間違いの発生の関係を検討した.モックアップ実験において,ブレーキの教示でアクセルを踏んだ場合のエラーと人間工学的特性指標間で分散分析を実施した結果,歩行能力と注意機能が有意であることが示された.
Accidents in which elderly people make the mistake of stepping on the accelerator and brake have become a social problem in Japan. This study examined the relationship between ergonomic characteristics and the occurrence of stepping errors in the elderly. In a mock-up experiment, analysis of variance between the error and ergonomic characteristic index for accelerating while teaching braking showed that the results of the 2 step test, which is included in the Locomotive Syndrome Tests and is an indicator of walking ability, and the results of the Trail Making Test Part B, which is an attentional function index, were significant.

種別 / Article Type

論文/Paper

発行年月 / Date of Issue

2021/01

発表学会等 / Society

自動車技術会論文集 Vol.52,No.1

分野 / Field

安全/Safety

分野詳細 / Detailed Field

予防安全

言語 / Language

日本語/Japanese
ID:12012
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ