DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20130805 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

自動車用燃料電池MEAの耐久性評価
MEA Durability Tests for Automotive Application -Estimation of cell response under humidity cycle-

橋正 好行,北園 智美,沼田 智昭
Yoshiyuki HASHIMASA,Tomomi KITAZONO,Tomoaki NUMATA

燃料電池自動車の普及のためには,燃料電池本体の性能・耐久性の向上,コスト低減などの課題がある.これらの課題を解決するためには既存の材料を超える性能と耐久性,さらには低コストな燃料電池材料を開発する必要がある.しかし,新規材料の性能や耐久性を評価する共通の方法がないため,各機関で個別の方法を適用して開発材料が評価されている場合が多い.自動車用燃料電池における膜/電極接合体(Membrane Electrode Assembly,以下「MEA」という)の劣化現象を再現させてその耐久性を把握する観点から,FCCJ(燃料電池実用化推進協議会),DOE(US Department of Energy)などから単セルによるMEAの耐久性評価法(MEA耐久評価プロトコル)が提案されている1)~5).しかし,これらの評価方法の中には試験条件が異なる場合があるため,この違いが評価結果に及ぼす影響を把握し,評価の妥当性や評価手法の統一に資するデータを取得することが必要である.一般財団法人日本自動車研究所(以下,「JARI」という)ではJARI標準セル6)を用いてMEAの耐久評価7)~8)を行い,評価法策定のための取り組みを行っている.
 ここでは,電解質膜の機械的耐久性を評価するために実施されている湿度サイクル試験について,供給ガスの湿度変化に対する評価用セルの応答性を調査した結果について報告する.
Humidity cycle tests that simulate the operation of a fuel cell vehicle are widely used to test the mechanical durability of a membrane in the form of membrane-electrode assemblies (MEAs). In order to carry out the humidity cycle test by the gas flow condition of DOE protocol, the flow channel configuration of JARI standard single cell was modified, and the response of the cell accompanying humidity changes were compared.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20130805 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2013/08

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy

分野詳細 / Detailed Field

環境・エネルギ
ID:197
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ