DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

報告書/ReportIT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

資料名 / Title

80-2

径路案内効果に関する調査研究

 当調査は、自走電技術の社会的便益を明確に把握するために行われたものであるが、前年度に実施した予備調査結果に基づき、アンケート調査およびモニター調査を実施し、径路案内システムを東京都区内に適用した場合の道に迷ったり、道を間違えたりすることによる無駄走行の改善効果を調べた結果について述べるものである。
 主な調査内容は次の通り。
(1)効果推定モデルの構築
(2)調査対象地域の設定
(3)調査方法の決定
(4)アンケート調査の実施
(5)モニタ調査の実施
(6)径路案内効果割合の試算

種別 / Article Type

報告書/Report

資料名 / Title

80-2

事業種別 / Type of Business

自主/Inhouse

発行年月 / Date of Issue

1981/09

分野 / Field

IT・エレクトロニクス応用/IT & Electronics

分野詳細 / Detailed Field

調査研究/社会便益
ID:6814
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ