DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20170303 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

中長期を対象とした次世代車普及率の推計手法開発
The Development Estimated Method of New Generation Vehicles Penetration in Middle and Long-term

金成 修一
Shuichi KANARI

2015年に気候変動枠組条約第21回締約国会議COP21が開催され,5年毎にCO2削減目標を更新することが採択された.これにより日本においても早期の取り組みが必要である.日本の自動車部門においても国内総CO2排出量の約20%を占めており,対応が求められている.自動車部門のCO2削減対策は様々なものがあるが,ここでは中長期の次世代車に焦点を絞り,消費者選好を考慮した普及率の推計方法について検討した.既往研究においても同様の検討は行われているが,多くのものでは金銭的価値のみをパラメータとして推計する.これでは電気自動車(BEV)や燃料電池車(FCV)などのインフラや航続距離が異なる技術の評価は困難である.そこで,本研究ではインフラや航続距離などの非金銭的価値も考慮した方法論を構築した.さらに,構築した方法論を活用し,一定水準まで技術進化をすることを考慮したBusiness as Usualケース(BaUケース)と,現状水準で技術進化が留まる技術固定ケースの2ケースを想定し,次世代車台数,燃費,エネルギー消費量,CO2排出量についてシナリオ分析を行った.
It is focused on one of the CO2 reduction measure that is popularization of new generation vehicles. It is developed model to estimate penetration of hybrid vehicle, electric vehicle and fuel cell vehicle in middle and long-term. This model is adopted mixed logit model. This model can not only consider monetary value but also nonmonetary values that are infrastructure ratio and driving distance in full charging. In addition, it has technological factors efficiency and cost data of next generation vehicles to consider advance technologies and mass production. Finally, it was calculation number of new generation vehicles, fuel economy, energy consumption and CO2 emission about two scenarios to use this model.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20170303 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2017/03

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:6912
 

▲ページトップへ