DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20180203 研究活動紹介
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

電源高調波発生源の追跡手法
A survey method of harmonic distortion sources

矢野 勝
Masaru YANO

 一般財団法人日本自動車研究所(JARI)では,電気自動車及びプラグインハイブリッド車の普及に資するため,安心安全な充電インフラ構築に向けた研究活動を行っている.研究活動を進める中,普通充電器が電源高調波(基本波の整数倍の周波数の正弦波であり,半導体電力変換装置が主な発生源)の影響を受けて頻繁に異常停止する事例があることが分かった.この異常停止の原因について米国製である当該普通充電器のメーカからの回答は得られなかったが,メーカが異なるもう1社の米国製普通充電器でも同様の現象が生じた.そこで我々は,電源高調波の存在に着目し,その実態を調べるとともに,その発生源を特定した.
 本報では,上記の異常が発生した施設(以下,本施設)における電源高調波の実態と,その電源高調波発生源を特定した手法について紹介する.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20180203 研究活動紹介

発行年月 / Date of Issue

2018/02

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8013
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ