DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)環境・エネルギー/Environment & Energy

資料名 / Title

JRJ20180604 技術資料
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

誘導結合プラズマ飛行時間型質量分析計を用いたリン,硫黄,ハロゲン元素の同時測定
Simultaneous Measurement of Phosphorus, Sulfur, and Halogen Elements by an using Inductively Coupled Plasma Time-of-Flight Mass Spectrometer

萩野 浩之
Hiroyuki HAGINO

 誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)は,微量元素の高感度な分析を行うために広く用いられているが,さまざまな課題が残されている.リンや硫黄,ハロゲン類は,エンジンオイルの添加物に含まれる重要な元素であるが,イオン化効率は,それぞれ33 %(P),14 %(S),9×10-4%(F),0.9 %(Cl),5 %(Br)であり,他のイオン化効率の高い元素,例えば亜鉛(75 %)やモリブデン(98 %)と比べて,検出効率が低い.さらに,炭素,窒素,酸素由来の多元素イオンから受ける干渉が問題となり,これらを分離して計測することが望まれる.
 近年,従来のICP-MSに質量分解能が高い飛行時間型質量分析計を搭載した誘導結合プラズマ飛行時間型質量分析計(ICP-TOFMS)が開発され,自動車排出粒子に含まれるエンジンオイル添加物由来のリンや硫黄を連続的に測定する技術へと応用されている.しかし,ハロゲン類については計測されておらず,その性能範囲が分かっていない.
 本研究では,エンジンオイルの添加物に含まれる重要な元素のうち,従来のICP-MSでは測定が困難であったハロゲン類に加え,リンや硫黄を含めたICP-TOFMSによる同時計測の可能性を調査した.

Inductively coupled plasma mass spectrometry (ICP-MS) is widely used when rapid and sensitive detection for a wide range of elements of airborne particles is required in many situations. However, when conventional ICP-MS equipped with a quadrupole mass spectrometer (ICP-QMS) was used for a detailed study on the signal fine structure with scanning-based mass spectrometers, simultaneous multi-element measurements could not be applied. In order to further improve time resolution of the ICP-QMS and to extend its capabilities to determine single particle information, ICP-MS equipped with the Time-of-Flight Mass Spectrometer (ICP-TOFMS) was developed recently. This study presents the application of real-time measurements for elements in particles using ICP-TOFMS. This technique is demonstrated to detect phosphorus, sulfur, and halogen elements, such as engine oil additive elements.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20180604 技術資料

発行年月 / Date of Issue

2018/06

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy
ID:8024
 

▲ページトップへ