DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

JARI Research Journal (2012~)安全/Safety

資料名 / Title

JRJ20180602 研究速報
賛助会員限定PDF
賛助会員限定PDF

飛び出し歩行者とのニアミスシーンの危険度評価指標の提案
Evaluation of Hazard Level in Near Accident Scenarios Involving Rushing out Pedestrians

今長 久,福山 慶介,河島 宏紀,内田 信行,田中 勇彦
Hisashi IMANAGA,Keisuke FUKUYAMA,Hiroki KAWASHIMA,Nobuyuki UCHIDA,Isahiko TANAKA

 ドライブレコーダで記録されるニアミスデータは,事故になる可能性があった危険な状況を分析できることから,事故発生メカニズムの把握への活用が期待されている.ニアミスデータは減速回避行動を伴うことが多いとの考え方から,ドライブレコーダ搭載車両の強い減速度の発生を頼りにシーンが抽出されることが多い.しかしながら,相手を伴う危険シーンでは,ドライブレコーダ搭載車両ではなく,相手が回避行動をとることで事故が回避されていることもある.今後,このようなシーンも抽出してゆくには,ドライブレコーダに記録された画像からニアミス対象を特定し,その対象との接近の仕方の挙動データを基に,シーンの危険の大きさを評価し,ニアミスデータを抽出できる仕組みが必要である.
 本研究では,歩行者との間で発生する飛び出し形態のニアミスデータを対象に,ドライブレコーダの映像データから車両および相手の挙動を導出し,ニアミスの危険度の大きさを評価する指標を提案することが目的である.

Near accident data of drive recorder are selected by human viewing with qualitative definition. This study focuses on propose an evaluation way of hazard level for quantitative selection of near accident data involving rushing out pedestrians. The index called margin time, which expresses remaining time length when collision possibility disappears by braking as avoidance maneuver. In this paper, the margin time of nineteen near accident data are estimated, and correlation between margin time and subjective evaluation are identified.

種別 / Article Type

JARI Research Journal (2012~)

資料名 / Title

JRJ20180602 研究速報

発行年月 / Date of Issue

2018/06

分野 / Field

安全/Safety
ID:8026
 

▲ページトップへ