DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

その他の発表/Other

先尾翼でコントロールライン(Uコン)曲技機を作る

森田 賢治 (JARI)

一般的な飛行機は、主翼で上向きの揚力を発生させると同時に尾翼で下向きの揚力を発生させ、バランスを保っている。一方、尾翼が主翼よりも前に付いている「先尾翼機」では、主翼だけでなく尾翼でも上向きの揚力を発生させて飛ぶ。すなわち尾翼でも機体重量を「ささえる」ことでバランスを保つのである。この方式は、機体重量を「ささえる」意味で通常ではマイナスに作用する尾翼も利用するため、主翼面積を小さくして機体抵抗が減少することから、最高速度を上げたり少ない燃料消費量で飛ぶことが出来る。一方で、重心位置より前に尾翼があることから、外乱で機体の姿勢を乱し易い弱点もあり、実用化された例は多くない。このように通常の機体とは異なる特性を有する先尾翼機に魅せられた私は、趣味のコントロールライン(Uコン)模型飛行機にこの方式を取り入れて、その曲技性能をテスト中である。テストはまだ開始したばかりであるが、将来的に全日本選手権への参加を目指し、テスト飛行を繰り返すと共に次期主力機の設計に取り掛かっている。

種別 / Article Type

その他の発表/Other

発行年月 / Date of Issue

2021/01

発表学会等 / Society

高翔 第75号

分野 / Field

分野詳細 / Detailed Field

その他

言語 / Language

日本語/Japanese
ID:8085
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ