DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

記事詳細:Detailed Article

学術講演/Lecture環境・エネルギー/Environment & Energy

A bonfire test for compressed hydrogen cylinder simulated with OpenFOAM

Eisuke Yamada, Yosuke Tamura (JARI)

火災時の燃料電池自動車用の高圧水素容器の安全性を検証するため火炎暴露試験が実施されている。この試験方法は、世界技術規則第13号(Global Technical Regulation No.13)に定められている。試験の再現性に課題があり、改定作業が進められている。しかしながら、試験結果の再現性に課題があるため、火炎形状や基準となる温度計測点、風の影響などを適切に基準化することが求められている。本研究では、基準化に資するデータを取得するため、数値シミュレーションにより火炎暴露試験を模擬することを目的とする。CFDのオープンソースコードであるOpenFOAMを用いて、プロパンの拡散火炎と固体の容器への熱伝達および容器内部の熱伝導を模擬する数値モデルを開発し、実験と良好な一致を示した。
Hydrogen fuel cell vehicles (FCVs) are expected to play an important role in the future. A composite storage cylinder to store compressed hydrogen is used for FCVs. To prevent the cylinder from bursting in the case of a fire accident, it is required that a thermally-activated pressure relief device (TPRD) is attached to the cylinder. In order to investigate the safety aspect of the TPRD system, a bonfire test is required in Global Technical Regulation No.13. In this study, the bonfire test is simulated with OpenFOAM which is an open source code of computational fluid dynamics. Diffusion flame of propane and heat transfer to a cylinder are simulated simultaneously. Simulated temperature under the cylinder is in good agreement with the measured value. The developed model can be a useful tool for bonfire tests.

種別 / Article Type

学術講演/Lecture

発行年月 / Date of Issue

2021/01

発表学会等 / Society

38th International Symposium on Combustion

分野 / Field

環境・エネルギー/Environment & Energy

分野詳細 / Detailed Field

燃料電池/電気自動車

言語 / Language

英語/English
ID:8462
 

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 城里テストセンター 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ