DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

特異環境試験場

 実際の交通環境では、自動運転車両が走行するために不可欠なカメラや各種センサーによる周辺環境認識を妨げる悪環境や悪条件が考えられます。
例えば、大雨や濃霧などの天候による影響、また逆光や夕暮れ・夜間などの日照条件で視界が不良になるケースも発生します。
こうした環境であっても、自動運転車両には、道路を利用する車両や歩行者、自転車などに加えて、信号・標識などを正しく認識しながら走行することが求められます。
 この特異環境試験場では、雨、霧、逆光といった実際の交通環境で想定される走行状況を屋内で再現し、車両の周辺環境認識性能などを評価することができます。

試験路の仕様

  • 全長:200m
  • 車線数:3車線(3.5m×3車線)

付帯設備
  • 照明設備(防水仕様):照度0.200~1,000lx (50mごと4区分で設定、無段階の設定が可能)、色温度5,000K(昼白色)
  • ロールシャッター2基(両側の出入り口に設置、開閉に9秒、霧発生中の試験場内への進入・退出が可能)
  • 信号機設置位置3箇所(左右方向へ可変、うち1箇所は左右・上下方向へ可変)
  • 信号機(3灯式タイプ/3灯式+矢印タイプ)(LED型/電球型)
  • 日射試験条件設定用台車(日射装置の設置位置・角度を変更した試験の実施が可能)
  • 控え室(計測室)/車両準備棟(2台)/車庫(2台)

降雨設備

降雨設備では、「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」を、それぞれ一時間あたりの雨量、30ミリ、50ミリ、80ミリの三段階で再現することができます。
また、200m全域で一時間あたり50㎜の降雨量に設定すると、連続30分間、雨を降らせることが可能です。

雨発生装置
  • 降雨量:30/50/80mm/h
  • 粒径:640~1,400μm
    (大粒の雨に相当する粒径)
  • 連続発生時間:30分
    (200mを50mm/hで降雨させた場合)
  • 試験用水補給時間:約120分
  • 降雨エリア:100mごと2区分で設定
  

霧発生設備

霧発生設備は、10ミクロン以下の粒径の霧を連続1時間以上、発生させることが出来ます。 見える距離(視程)としては15mから80mまでの間で調節をすることが可能です。

霧発生装置
  • 視程:15~80m
  • 粒径:7.5μm
    (超微霧(もや)に相当する粒径)
  • 噴霧流量:2.4~9.6l/hr(1台あたり)
  • 連続発生時間:60分
  • 視程条件設定時間:約30分
    (夏季利用時は冬季より時間が増大)
  

日照試験設備

日照試験設備は、太陽を模擬したライトを設置し、西日などの逆光を再現することが出来ます。実際に見える太陽の大きさを模擬するため、計測地点から約70mの距離に照明を配置し、照度20,000~35,000ルクスで晴天時の15時、17時に相当する太陽の光を再現することができます。

日射装置
  • 最大光柱光度:3.5億カンデラ
  • 最大照射距離:6km/10Lx
  • 反射鏡外径:φ550mm
  • 照射有効径:φ620mm
  • 位置:上下方向・左右方向へ可変
  • 角度:ヨー方向・ピッチ方向へ可変
  • 色温度:6000K(昼白)・2200K(夕日)
  

お問い合わせ先

    〒305-0822 茨城県つくば市苅間2530
    一般財団法人日本自動車研究所
    企画・管理部 研究推進グループ
    TEL:029-856-1120   FAX:029-856-1124
    メール:jtown@jari.or.jp

▲ページトップへ