DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

2018.09.10

「ロボット介護機器開発ガイドブック」の無償配布を開始
-AMEDロボット介護機器開発・導入促進事業(基準策定・評価事業)最終成果物を公開-

平成30年9月10日

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
一般財団法人 日本品質保証機構
株式会社 アプライド・ビジョン・システムズ
学校法人 愛知医科大学
一般財団法人 日本自動車研究所
国立大学法人 名古屋大学
一般社団法人 日本福祉用具評価センター
一般社団法人 日本ロボット工業会
一般社団法人 日本福祉器具・生活支援用具協会


 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)ロボットイノベーション研究センター【研究センター長 比留川 博久】は、一般財団法人 日本品質保証機構【理事長 小林 憲明】、株式会社 アプライド・ビジョン・システムズ【代表取締役 高橋 裕信】、学校法人 愛知医科大学【理事長 三宅 養三】、一般財団法人 日本自動車研究所【代表理事・研究所長 永井 正夫】、独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所【所長 豊澤 康男】、国立大学法人 名古屋大学【総長 松尾 清一】、一般社団法人 日本福祉用具評価センター【理事長 田中 理】、一般社団法人 日本ロボット工業会【会長 橋本 康彦】、一般社団法人 日本福祉用具・生活支援用具協会【会長 木村 憲司】と分担して、「ロボット介護機器開発ガイドブック」と関連文書を作成し、9月10日より介護ロボットポータルサイト(http://robotcare.jp/)で無償配布を開始する。
 本ガイドブックは、ロボット介護機器の開発者を主たる対象としてロボット介護機器を開発するための安全設計・試験法、被介護者や介護者の生活機能の目標を含めた設計方法などを体系的にまとめた文書である。ガイドブック本体に加えて、「ロボット介護機器開発のための安全ハンドブック」、「ロボット介護機器実証試験ガイドライン」、「倫理審査申請ガイドライン」、「ロボット介護機器開発導入指針」からなる関連文書も同時に公開する。これらの文書がロボット介護機器の開発現場で利用されることで、より安全で有効なロボット介護機器の開発が促進され、被介護者の自立支援や介護者の不足といった介護現場における課題の解決の一助となることが期待される。


  • ロボット介護機器の安全設計・試験法、効果評価法をまとめたガイドブックなどの無償配布
  • 被介護者や介護者の生活機能の目標の設定から始めるロボット介護機器の設計方法を提案
  • 介護者不足などの課題を解決するロボット介護機器の開発促進への貢献に期待

プレスリリース


▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ