DATABASE
論文・資料検索
詳細検索
  • 縮小
  • 拡大

2018.10.30

「交通流定点カメラ観測(首都高速道路4号線/参宮橋付近)」の実施について

一般財団法人日本自動車研究所(JARI)は、運転支援車両や自動運転車両の安全性評価のため、交通流定点カメラ観測の調査を実施いたします。

調査の目的

首都高速道路を分合流する車両の挙動を解析するために、映像データ(動画)を取得します。解析結果は、運転支援車両や自動運転車両の安全性評価に用いられます。

調査時期

2018年11月の平日1日 9:00 ~ 17:00

調査場所

首都高速道路:4号線 参宮橋付近

調査手法

上記の曲線路付近の民間ビル屋上に設置されたカメラで映像データを取得し、曲線路を高速走行する車両の軌跡を抽出し、車両の挙動を解析します。

使用する情報

首都高速道路の曲線路を走行する車両挙動の情報。

個人情報の取扱いについて

  • 撮影された走行映像データ(動画)は、弊所が厳重に管理します。
  • 映像データ(動画)から、走行車両の移動軌跡を抽出します。そして、それらに基づいて走行シナリオを記述する各種パラメータ(車速、車間距離、走行車線など)の統計値を推定します。軌跡や各種パラメータには個人の特定につながる情報(ナンバー等)は含まれていません。

公表時の提示方法

取得した車両などの画像(写真)について公表の可能性が生じた場合には、個人情報が特定できないように画像処理をした上で公表いたします。

お問い合わせ先

調査に関するお問い合わせにつきましては、以下アドレスにお願いいたします。

一般財団法人日本自動車研究所 ITS研究部 
お問い合わせメールアドレス:trfres@jari.or.jp

▲ページトップへ

JARIについて 環境・エネルギー 安全 自動運転・IT・エレクトロニクス
委託研究・試験・設備 テストコース 自動運転評価拠点「Jtown」 国際活動
賛助会員 メルマガ 研究データベース 関連サイト
 
刊行物 イベント 採用情報 お問い合わせ